旅への想いとは?

住み慣れた土地を離れ、目的地に向かう。それが、出張であっても、旅行であっても、あるいは、冠婚葬祭のために遠く出かけることであっても。

旅と言うものは、全て刺激的である。知らないものを知る。あるいは体感する。若い人、高齢者に関係なく、感受性が豊になり、全てが目新しく感じ、またそう見える。

そのとき、「人間はもっと世界に出て行かんといかん!!。」 と想うのでは・・・・。

そこで質問・・・・。皆さんは、旅は目的地で用事を済ませることだけでしょうか?。

途中の景色、途中の食事、途中の人々の会話、そして空気の違い。これらのものが、自分の身体にスーッと入ってくる。それが何とも心地よい!!。地元を離れ、列車や飛行機に乗ったとたん、もう気分は通常の自分とは違う!。
だから、通過駅だから通過点だから、目的地でないから等と、考えないほうが良いのかも。

たとえ列車で通過されても、いつかこの地に降り立とうと想う人が必ずいるとおもう。そんな街の空気に包まれた、武雄になればいいなあ。


a0071224_12182375.jpg

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-07-11 09:57 | 観光?