武雄市周辺で、一体何を見て、食べて感じるか!。

旅の楽しみは、通常自分の生活周辺ではあまり見ない風景、料理、暮らし方など・・・・。
これらのものが、日常とは違い新鮮なものとして記憶に残る

武雄市から車で約1時間以内の所に、「有明海」がある。
ここはいろんな意味で、豊富な魚介類を生み出す宝庫でもあり、自然の偉大さを感じる場所でもある。


鹿島市七浦の道の駅に立ち寄る。有明海は潮の満ち引きが最大5メートルから6メートルぐらいあると言われており、引き潮の時は、かなり遠くまで干潟が現れる。
この干潟を「ガタ」と一般的に言っている。

そのガタで繰り広げられるイベントが、「ガタリンピック!」。



さらに、鹿島市の隣町に太良町があり、「竹崎蟹」としてその美味しさは超有名。
冬場はこの有明海沿いの道路に、「かき焼き 海道」が出現し、福岡、長崎からも観光客が押し寄せ、自分で牡蠣や海老などを焼きワイワイとビールでも飲みながら楽しむ。

目の前は海。熱々の牡蠣を頬張り、たっぷりのジューシーさを堪能す。

たまらんばい!!。
a0071224_8302836.jpg

鹿島市「七浦道の駅」にある看板。
a0071224_8322899.jpg
海に向かうとさらに、ガタ体験を勧める看板が。
a0071224_8394446.jpg
家族連れが、ガタに入り、汚れるのにかまわず遊ぶ。自然!!。雨空でもあり、干潟の灰色と渾然一体。
a0071224_84335100.jpg
ガター!!!。「むつごろう」やエイリアン?かと見間違う「ワラスボ」は見えませんか!。
a0071224_8454010.jpg
道の駅で少し小さいが、「塩茹での蟹」を思わず買ってしまう。これで500円チョッとだった!!。他にも「むつごろう」などの珍味も多い。近くにはこれまた有名な「祐徳稲荷神社」があり、観光コースとなっている。

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-07-25 08:49 | 観光?