人間みんな 大きく高いのが大好き!?。有田町 大公孫樹!。

武雄市に見えられた方は、案外大楠の存在を知らない方が多いようです。

川古の大楠は観光コースになっていたり、道路に近いので立ち寄りには便利な場所なので、お客様も多いのですが・・。



しかし、武雄の大楠塚崎の大楠は案外見過ごされます。

しかし、見られた方は一様に凄い!との言葉と感動を受けられるようです。



今回 「武雄の三樹まいり」と題して、三本の大楠を歩いて巡る企画が新聞に掲載されていました。9月23日(土)なのですぐですね。

ちょっと行けないのが残念ですが、三本の大楠はそれぞれ風情が違います。ぜひその長寿の秘訣を、直接大楠に手を当て尋ねてみてください。きっと樹の鼓動を感じ、元気をもらえると思いますよ。




ところで話は飛びます・・・。このブログは常に飛びますが・・。

磁器で有名な隣町の有田町にも、大公孫樹(おおいちょう)が聳えております。

a0071224_8362849.jpg

今は葉も緑です。このあと秋が深まるにつれて、公孫樹の葉が黄色の絨毯を敷き詰めたように見える様は、素晴らしいものです。(しかし、落ち葉を掃除する方は大変でしょうね・・・。)11月中旬以降が見頃でしょうか

この大木はまだまだ元気です。樹齢1,000年近くといわれています。

泉山弁天神社境内にあります。道路から近くですが、全体像が見えないため、つい見落とします。

写真もそうです。私の腕では全体像が撮れませんでした。
a0071224_8365322.jpg

さらに武雄市北方町には、これまた日本一のイヌマキがあります。

この武雄市周辺は、本当に日本でも有数な巨木の町と言えます。

大樹に興味ある方は、ぜひ訪れてみてください。


ああ・・・ついでにもう一丁・・。お茶の産地 嬉野にも大茶樹があります。まとめて見物して、皆さん長生きしてくれー!!。

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-22 08:36 | 観光?