島原城周辺・・・武家屋敷址。

3月14日は・・ホワイトデー・・・か・・なぁ?!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無・・・・・・・・・。

先の・・島原市方面 探索の最終章・・・・です。
a0071224_2335293.jpg

島原城の・・由来。

当然・・・戦国の世。

ここにも龍造寺さんの・・・・関連が。
a0071224_23353245.jpg

現在の お堀は・・・今は こんな感じ。

まあ・・・。
a0071224_23361948.jpg

遠く天守閣が見えます。

・・・広大なお城ですね。
a0071224_23364891.jpg

その近くに・・・武家屋敷の址が保存されております。
a0071224_23375782.jpg
a0071224_23395559.jpg
a0071224_23403318.jpg

道の真ん中に小川が流れ・・・静かな一画です。

数軒・・・保存されている屋敷があります。
a0071224_23412876.jpg

島原に 龍造寺隆信の足跡を訪ねた・・・今回。

島原半島を拠点に・・一時は 現在の佐賀 西部地区まで勢力下においた キリシタン 有馬家

そして・・・佐賀の権力争いの中で頭角を現し・・・ついに その有馬家と戦い・・・・この地まで攻めてきた 竜造寺家

その2大勢力の狭間で・・・・生き延びるために戦っていた 現在の大村市を拠点にしていた  大村家・・・そして 現在の武雄市周辺を勢力下においていた 後藤家

いろいろあって その有馬家から・・大村家は、後継者を受け入れる・・・。

そのあおりで・・・本来 後継者になるはずの 人物 貴明 が 武雄 後藤家 にはじきだされる経緯もあった。

当然・・後藤家と大村家の争 いは、近親憎悪の様相を呈する。

そして・・・ついに 後藤家は竜造寺に助けを 求めざるを得なくなる・・・・。

直接の利権争い・・・そして代理戦争・・更には 本命同士の戦いに進む。

有馬家は・・・竜造寺の傘下に入ったり・・・縁戚でもあるのに・・結局は 離反し・・島津家に応援依頼。


そんな伏線があっての・・・・激突した 沖田畷の戦い・・・。

それぞれ・・九州の覇権争いをしている 豊後 大友家や薩摩 島津家・・・。

彼らも双方 竜造寺家を 牽制しつつ 複雑化。

敵の敵は味方・・。

大きな勢力に人質を差し出したり、ある時は裏切ったり・・・戦国の世とは言え・・・各所に残る・・・暗闘のサバイバル歴史。


更に・・・キリシタンや仏教の宗教問題も絡みながらの・・・・当時の状況。

一筋縄ではいかない・・・歴史の紐解き。


秀吉が九州に目を向ける直前の時代・・・・・・・・・・。

信長の天下統一の野望を遠く聞きながらの・・・・九州各所での領土切取りの戦いもあったりして・・。


ホント大変ですよね・・。
日和見主義や風見鶏・・・・仕方ないでしょう・・・力がない者は。


島原半島までは  武雄市からは 地理的には遠いけど・・・・当時の勢力図を考えてみれば・・・隣町にあたるかも知れない・・・。

a0071224_23422962.jpg


・・・・・・・・・ウーン!!。他人事のように・・・今は 見れることに 感謝でしょうか・・。


下の写真 島原城にある・・・彫像

※史実に対して・・ワタクシの勘違いや不適切な記載もあるかも知れません。その際は平にご容赦ください。

by ta-ke-58-ta-xi | 2008-03-15 00:24 | 観光?