情報の正しさとその結果。裏切られる情報と収集能力。

・「春秋」のコラム欄に紹介されている。

  真夜中にしか開かないパン屋がある。人気で暗闇の中に静かに長い行列が出来る。

  ネットで評判が広がったようである。


・ゆがむ体温計 経済統計の虚実・・と題して。そこに書かれている中に。

  マンガ喫茶は全国にいくつあるのか。その答えはわからないとある。

  サービス統計の整備は遅れている。日本経済の変化に追いついていない。


・国際宇宙ステーションで日本の実験棟「きぼう」の建設がはじまった。

 ・きぼうの開発費は、本体の開発・製造に約 2,500億。

 ・日本が国際宇宙ステーション計画全体に支出した総額は、約 6,800億。

 ・運用や無人補給機「HTV」の打ち上げに年間、約 400億。

 ・10年運用すると・・・総費用は 1兆円を越す見込み。


・スポーツ仲裁裁判所があり、各種のスポーツ紛争解決の機関になっています。

  ・1983年に創設。申立件数は年々増加。

  ・昨年は 250件を超えた。大半はドーピング違反の処分をめぐるもの。

  ・日本は「日本スポーツ仲裁機構」があり、扱った件数は 7件。


・「スポートピア」と言うコラム欄に、野球を指導している方が書いている。

  ・クラブへ入ったばかりの中学生のバタバタ走りには驚いた。

  ・足の裏をべったりとつけて走るので、向かい風でまっすぐに走れない子供がいる。

  ・わらじで走る訓練が良いと思い探したがなく、地下足袋で練習。効果が出てきている。


・「核心」というコラムに・・。

  ・日本の人口 約1億2千万人。それにトンをつけると 日本の粗鋼生産量。

  ・台にすると世界の薄型テレビ生産量。倍の2億4千万キロリットルは、日本の原油輸入量。

  ・12億台なら、世界の携帯電話の生産量。1兆2千億ドルなら、サムプライムの損失額。

  ・12兆円は ホンダの売上額。1,200万なら東京の人口。台をつければ自動車生産台数。

  ・120万戸なら住宅着工戸数。120ドルなら原油価格。1.2%は3月の消費者物価上昇率。

  ・後期高齢者人口は1,200万人。

  ・日本人一人当り、1トンの鉄を生産し、東京の人口に匹敵する自動車を製造する。

  ・それらのために、一人当り2キロリットルの原油を輸入し、10トンの二酸化炭素を排出する


・イオンの定年延長について書いてある。

  ・イオンでは、08年2月までの1年間で、約400人が定年。その9割が定年延長を選んだ。

  ・イオンでは年齢給を止め、ポストと連動した資格を基に賃金を決めるよう変更した。

  ・還暦過ぎの店長が力を入れるのは、従業員教育。ベテランが若手を育てれば一石ニ鳥。


・「挑む」と言う記事・・。

  ・新学期で五年生に、世界地図を書かせ、名前を書き込ませた・・先生のお話。

  ・五大陸の位置が正しくかけているのは、二人のみ。

  ・日本とハワイと南極しか存在しない地図。多用な地図のオンパーレード。

  ・なぜか ほぼ全員が オーストラリアとチリと南極大陸を記入している。

  ・マリ、イエメン、ジャマイカ、マダガスカルなどのマニアック?!な地名が登場する。

  ・アメリカ、ヨーロッパ諸国の名前はほとんどない。

  ・異文化に対する好奇心と想像力が必要。しかしその対象は主要国ばかりの必要はない。

  ・個性的でマニアックな部分は大事にしてやりたいと・・・文は結ばれている。



以上、日本経済新聞からのものです・・。

a0071224_9385090.jpg


・・・・世界と日本。個人と組織。世界企業の生き残り戦略。急激な時代の進み方に戸惑い、高齢者の増加に対応を迫られる日本。


戦後は、動物性蛋白質や乳脂肪分を欧米並に摂取するよう奨励され、長寿国を目標に進んできた日本・・。

それがメタボ対策が出てきたり、せっかく長生きしてきたお年寄りには厳しい現実が迫ってきたり・・・。



個人も組織も企業も国家も世界も・・・似たような成長と停滞そして再生復活を図るのでしょうか・・。


※記載した内容に対して、善意や悪意、更に賛否の意味はなく・・・ただ多少、興味をそそられた中から選択して・・・ブログに書いたものです。
・・ご了承を・・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2008-05-06 09:28 | 情報