後藤貴明の実子 後藤晴明 (龍造寺家均) 龍造寺家 養子・・・久保田町 香椎神社での残影。

龍造寺隆信 と永年に渡って戦ってきた・・・武雄 後藤家  貴明・・。


しかし 最終的に 強大な 龍造寺家の支配を受けざるを得なくなった・・。


隆信の三男 家信 が 武雄後藤家の婿養子に入ったのです。


その後は隆信の死によって・・。


家信としても 徐々に 龍造寺家から鍋島家に属していくのです。

a0071224_217710.jpg


家信が領主となり・・・貴明は 光明寺 に隠居


家信と入れ替わる形に・・。


貴明の実子 晴明 (家均) を 龍造寺家の養子に出すことになった。

a0071224_2174768.jpg


その晴明は・・・その後どうなったのか・・。


ワタクシは専門家でもないので・・何も知らない。


おそらく 龍造寺家の衰退と鍋島家 台頭の中で・・・。


彼もその人生を大きく変わらされたと推察される。

a0071224_2191478.jpg


そして なぜ この 香椎神社 なのか・・。


香椎神社の名前も場所も まったく ワタクシは知らなかった。


それが 武雄歴史研究会の例会において・・・戦国武将の誓詞の話があった


その中に 貴明の実子 晴明と香椎神社が出てきたのです。

a0071224_2193782.jpg


晴明の誓詞に イワユル 神に誓って と言う意味として 香椎神社があったのです。


つまり誓詞に書かれる神社は・・・支配地域の氏神に近いと思われるのです。


その香椎神社の場所を なんと。


ディアジョンのマスターから教えて頂きました!?。


・・・・久保田町にあるとのこと・・。

a0071224_2195741.jpg


香椎と聞けば・・・福岡市にある 香椎宮・・。


歴史的にも由緒あるところです・・。


ワタクシも何回か訪ねたことがあります。


不老不死の霊水もあったりして・・。

a0071224_21101690.jpg


香椎神社・・・・香椎宮とも やはり関係があるようです。




・・・・・・・・そんな流れで・・・・。



香椎神社を訪ねました・・・。

a0071224_21105151.jpg


久保田町の 長崎街道の側にあったのです。


表通りからは・・・ほとんど見えません。


朱色が映えます。


古めかしい神社を予想してきたら・・・綺麗に建て直しをされてるようで・・。


意外でした。

a0071224_211169.jpg


後藤晴明・・・この周辺を 隆信から与えられ・・・住んでいたのでしょうか。


その隆信も 島原 沖田畷の戦いで戦死、父 貴明も・・隠居後 亡くなる。


今更・・武雄にも戻れず・・龍造寺家・・そして鍋島家の一員として生きていかざるを得なかった。



まあ・・・こんなことは 戦国の世であれば・・日常的。


歴史の風化の中で・・・・彼も忘れられていったのでしょう。

a0071224_21113255.jpg


織田 から 豊臣 そして 徳川と・・・日本全体が変わる中で。


肥前の国 佐嘉の地も・・幕藩体制に変わっていったのです。

a0071224_21122919.jpg


香椎神社・・・日足紋が見える。

その龍造寺家の紋に・・・わずかに この地区が 彼らの支配地域であった名残が・・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2009-11-09 21:53 | 歴史?