カテゴリ:映画( 62 )

ゴジラ




怪獣映画は・・男の子のほとんどは好きでしょう。


破壊される都市であっても・・まぁ 空想ですので・・安心して観れます。


だけど・・映画の最初の出だしは・・いきなり怪獣は出てこなくて・・一体何なんだぁ!??!・・・。






と言う・・興味から始まります。


わかれば 後は 簡単ですよね。


特に最近の映画は・・最初から・・その姿を見せず・・興味を引っ張ります。


早く姿を・・・全体像を正直に見せてよ!!。


と画面に向かって思わず叫びたくなります。





さてさて・・この次の ゴジラ映画 期待にこたえてくれるのでしょうか・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-12-15 19:58 | 映画

雨月物語・・・横道世之介・・。



今朝の新聞の映画評に・・映画 「横道世之介」 が星 五個 という ベストになっていた・・。

ワタクシは観てないので・・なんとも言えないけど。

青春映画として心に残る映画のようで・・興味がありますね。

と同時に。

日本映画専門チャンネルで これまた名作 溝口健二監督の雨月物語が放映されていて・・。

放映は知らずに・・何気にのぞいたのに・・思わず引き込まれました・・。

それぞれ映画はタイプや好みもあって・・名作が本当に自分に合うかどうかはわかりませんが・・。

なんでも一流は一度は観てたほうがよいでしょうね。

いかにも幽玄と言うか・・その雰囲気ですから・・暗い作品ではありますが。

監督と役者の凄さが響きますね。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-02-19 22:41 | 映画

12月1日 師走・・。



師走の選挙といい。

サガン鳥栖 5位で昇格1年目を終了するといい。

何かと 世の中 予測を覆すことといい。

泣いても笑っても。

残り1ヶ月・・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-12-01 20:55 | 映画

川島雄三監督 幕末太陽傳。



この映画は・・映画館では観ていない。

テレビで観た。随分昔の話だ。

それも夕方・・。

何んの予備知識もなく、暇つぶしに観ていたのだが。

フランキー堺の演技に・・見入ってしまった。

軽妙洒脱と思いきや・・胸の病気で咳き込んだり・・ふと垣間見せる・・暗い表情に・。

段々哀しくなる感じもあって・・誰が監督なんだろうとも思った。

その後 彼は川島雄三であり・・自らを軽佻浮薄派なんて呼んだりしつつも・・。

周辺には 錚々たる助監督や脚本家がいることも知った。

今村や浦山であり・・藤本だ。



a0071224_19585560.jpg


その川島監督は・・若くして亡くなった。

そして この作品が代表作として残った。

フランキー堺の演技は・・文字通り監督を投影したのではとも言われた。

石原裕次郎が高杉晋作の役など・・幕末の有名人も出てくるこの映画・・。

喜劇とも言えず・・不思議な感覚の映画だ。

・・・・・・・・・・・・。


最近 またチャンネルを回していると、この映画が放映されていて、途中から観ることになった。

しかし・・最初に観た印象とは随分違っていた。

なぜだろうか・・・。

どう違うかは書けない・・・。

(幕末太陽傳。)

a0071224_19593616.jpg


ラストシーンでは・・走り出す・・主人公。

この場面だけは・・彼の今後を暗示させ・・なんとも せつなくなる。

本当はそうではないのかも知れないが・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-11-22 20:40 | 映画

映画アレクサンドリア・・・ヒュパテイア。




公式HP


劇場公開は昨年だったようで・・。

何気なくテレビのチャンネルを回していたら。

これが放送されてました。

歴史スペクタクル風なのが気に入り・・・・観てるうちに・・段々 引き込まれ・・。

そこには 4世紀末 ローマ帝国やら宗教上の争いやら・・教え子との関係やら。

エジプトのアレクサンドリア・・。

当時 世界最大の図書館も舞台のひとつ。

a0071224_22192287.jpg


映画では 哲学者と言うより数学者、天文学者の主人公の女性が、そんな状況に巻き込まれ。

最後は虐殺されるというもの。

調べてみると それは簡単に惨殺なんて言えるようなことでもないらしく・・。

ヒュパテイアという・・実在した女性だけに・・まことにおぞましく・・痛ましい。

a0071224_2221144.jpg


それらも含めて・・観た後。

胸に何か重いものが・・つかえてしまいました。

現代に通じる映画と言えば・・それは 言えますけどね・・・。


当時のジャパンは・・。

謎の四世紀と言われる時代ですよね・・。


a0071224_22261338.jpg

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-10-15 22:27 | 映画

突っ込みどころ満載の映画をみます!?。



よくあるアメリカ映画の中に・・パニック物なんか特にそうですが。

チームを作って探索したり・・国を救ったりするのが多いですよね。

そんなチームの中に・・・・。

国家や企業が、どだいこんな人物を果たして選ぶのかと思える人が紛れ込んだり

科学者や学者なのに・・凄くインテリジェンスが低いと言うか・・・粗野な感じであったり・・。

そんな人が学者であっても 別によいけど・・・この映画には ちょっと違うだろうと・・。

それにしても そんな少ない人数で解決できるのぉ?。

軍隊は?・・警察は?。時の政権は・・・どこに居るのぉぉ?。皆さんを ほったらかし?!。


また妙に恋愛関係や憎しみ等の内輪揉めを・・どんな目的か知らないが・・。

・・死ぬか生きるか深刻な世界的な状況であるのにもかかわらず。

なぜか 延々と描いたり・・・・・・・普通こんなことしてたら・・マスコミから叩かれるでしょうよ。

重大な事件や事故なのに。


そうじゃないだろう!!

なんて思わず突っ込みたくなる映画が多い。

だいたい そんな映画は 突っ込みたくなるのが・・1箇所 程度ではすまない。

エーッ!?・・・ウッソー!?


オイオイ それはないだろう!!。


ああ~ぁぁ

この言葉を暗い映画館でかみ締めたり・・独り言を発したり・・・失笑したり。


まあ・・・退屈しないと言えば退屈しないかもしれませんが・・。

しかし 敵が散々チームの仲間を殺していても・・・ノーテンキに 皆さん 団欒中・・。

監視カメラの画像を観る役は・・これまた。

肝心なときに・・寝てたり 本を読んでたり・・・・愛をささやいていたり。

そんなていたらくなので・・みんな危険なのに独りで歩きまわったり(泣)。

選ばれた人たちだろう・・・。

慎重で細心な研究者や専門家なのに、そんな態度で どうするのよぉ?!。


オイ お前!!・・・そこに 敵がいるだろう・・。

ホラ そこに いるだろう・・早く気づけよょょ!!!。


う~んんん

やっぱり 殺されちゃった・・・同情できんよ まったく!!。


なんて・・つい 思ってしまいます。

ほんにほんに ストレスがたまる 映画だこと。




なぜ こんなことを書くかと言うと・・・・最近 観たんですよね・・・この手の映画を!。

その題名を明らかにしたいけど・・・それは やぁらない!?。

ワタクシの独断と偏見かも知れないから・・・。

にしても 監督!!・・・脚本家!!・・しっかりしてくれよね。

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-09-03 22:20 | 映画

予告編・・。遊星からの物体 X 。プロメテウス。トータルリコール。



遊星からの物体 X  これって リメークか。

あの当時観た時・・なかなかに あの・・「物体」 は 驚愕でしたなあ・・。

少々物語の展開にイライラするのは・・あったけども。

その手の映画が好きな人には・・随分 語られる映画でしたね。

さて 今回のは どうなんでしょうか。




プロメテウス。

これも あの エイリアン からみか。

あの暗いトーンと不気味なエイリアン・・・面白かったですよね。

そして ネバネバ感が・・なんとも言えませんでした。



トータル・リコール。

いったい どうなってんの・・と言うストーリーでもあったけど。

当時のシュワちゃんの映画は・・それなりに面白いんですよね。

ただのムキムキマンじゃなく・・感情移入しやすいキャラですもんね。

予告編だけみれば・・また違った雰囲気があります。

こうやって並べてみれば・・。

・・・・最初の作品を また観たくなります・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-08-08 22:45 | 映画

シグナル 月曜日のルカ・・三根梓 さん。

a0071224_216512.jpg


以前の記事の影響か・・・また 映画が公開されたからか・・。

このブログのアクセスのキーワード検索を見てみると・・・・「三根 梓」 という名前が圧倒的。

・・・うん~んん

複雑・・(笑)。

嬉野市 出身だから・・頑張って欲しいですね。



「シグナル 月曜日のルカ」 公式ホームページ

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-06-11 21:11 | 映画

映画を読む。

a0071224_21243631.jpg


これらの画像を観て・・瞬間的にその映画を指摘する人は・・相当な映画通でしょう。

若いときは・・類型的で退屈な映画と思っていても。

年齢を重ねると・・その時々の感想を持つようになります。

20歳代・・40歳代・・50歳代・・60歳代。

子が親に反発しつつ・・社会に出て。

その中で苦悩しつつ・・家庭を作り・・子供を育て・・更には孫が出来る・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


結局・・この映画は・・。

永遠に親子関係がある限り・・・。

この映画が名作と言われ・・ベストテンに顔を出すでしょうね。

どこにでもありそうな物語が・・・静止的な構図の中に・・・淡々と流れていく。

それが・・・ズーッと余韻として残ります・・。

a0071224_2125581.jpg


しかし・・・あと10年経っても・・。

先に書いたように永遠の名作としての位置を占めるのかどうか・・・。

どちらかと言うと・・。

名作と言われながらも・・読まれなくなった古典と同じような感じになる気がしますね。

あの時のあなたを見つめる映画なのに・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-05-14 21:56 | 映画

リドリー・スコット。




裏切らないで欲しい!!。


プロメテウス。


シャリーズ・セロンも出るのか。



・・・・・・・・・・・・・・エイリアン。


a0071224_2315266.jpg

by ta-ke-58-ta-xi | 2012-04-10 22:42 | 映画