<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

武雄市 御船が丘小学校にて、自転車交通安全集会。

a0071224_8235722.jpg
秋の交通安全運動期間中御船が丘小学校にて武雄警察署、武雄地区交通安全協会、武雄市役所の共同で、子供達の「自転車交通安全集会」を開催しました。

子供自転車大会で優秀な成績を収めた、御船が丘小の生徒さんが、グラウンド一杯を使って、生徒全員が見守る中、模範となる自転車走行を披露してくれました。

a0071224_8242958.jpg
走行時の一旦停止や安全確認に、大きな声を出して模範走行。通常でも、声を出すくらいの確認が必要ですね。
a0071224_825082.jpg

この後、模範走行をした生徒さんは、武雄警察署にて警察官の制服に身を包み、「一日署長」を務めました。

そして署の前を通行中の車両に、交通安全のパンフレットや安全グッズを配布してもらいました。

署の中に車を誘導され、思わず取締りか!
・・とビックリ顔の運転手さんたち。

しかし、生徒さんの可愛い呼びかけに、すぐ笑顔に変わられてました

関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

守ろう交通ルール  高めよう交通マナー


by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-30 08:25 | 仕事?

武雄温泉のおいしいお土産。とっておきのグルメ・・・。と言えない事情・・。

a0071224_15393229.jpg
申し訳ありませんが、最初から断っておきます・・。

このブログにグルメ情報や、とっておきの穴場紹介を期待されているんであれば、それは残念ながら裏切られるかも知れません



理由は・・。

武雄周辺には、たくさんのおいしいお土産や産地の品々、グルメのお店があります。

それらは、全ていろんな特徴があり、美味しいとか、まずいとかの括りは、難しいと考えています

地域に根ざすタクシー業を求めている者としては、観光地 武雄温泉の全てのお店に、エールをおくり頑張って欲しいと願っております。

どうしても何とか、特徴のあるお店等を知りたい時は、タクシー乗務員に直接お尋ねください。

場合によっては・・ですが?・・・特色のあるお土産やお店を紹介することが出来るかもしれません・・・・。
a0071224_8483855.jpg

しかしそうは言っても、その中からあえて特定の商品やお店を、このブログで紹介したい時も正直あります。



そのときは、武雄市周辺の話としては、問題ないと判断した時です。(個人的な判断ですが。)

・・・と言いつつ・・、写真は佐賀県の名産品 小城市にある小城羊羹・・。



・・で、数ある小城羊羹の中で・・超マイナーな羊羹屋さん

隠れた人気があるようです。

探してみてください。スミマセン・・・これもちょっと、教えられません

経験上、なんでもそうですが・・食べた人全員が美味しいと感じることは、実際あまりないですよね。

やっぱり自分の好みの物が一番だと思いますよ!!。



それにしても、この写真では、わかりにくいだろうなあ・・。本当に申し訳ありません

●ところで、写真の神社は「お菓子の神様」として有名な、伊万里市の「中嶋神社」。

お参りしながら考えたのが、最初のお話でした・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-29 08:29 | 食べ物

物事を極める人間とは?。・・・かくも厳しい道・・への一考察。

九州で食べる漬物として「高菜漬け」がある。

野沢菜、広島菜と並ぶ九州の代表的な漬物である。

その高菜漬けの料理のひとつとして、「油炒め」がある。

その油炒めを生涯かけて極めようとしている男がいる。

・・・・私である・・・

昔、幼少の頃食べた、あの味を再現したいのである。

決して他人が作ったものを食せず、自分で作るのである

うそです

スーパーで買ったり、私に作らせたりする時も結構あるんですぅ・・。

・・・そこで考えたのである。原則を論理的に・・。

1.高菜の材質の問題。

2.調味料の問題。

3.調理の技術的問題

4.食べる私の問題。

以上、明確に分析したのである。

しかし、今だ納得のいく味が出来ないのである。残念である

a0071224_8463488.jpg
その味への挑戦は、凄まじい研究の連続であった。

うそです

適当にあの手この手で、遊んでるだけですぅ。

愛する家族だけは、その想いをわかってくれていると信じている。

調理とは私にとって、人生と同じ真剣勝負である。

うそです

結構、いい加減にやってますぅ

「お父さんが作るのは良いけど、なんで後片つけば私達がせんばと・・・!。」

極めんとする者は理解を得ず!。常に孤独である。これも試練だと思っている。

うそです

料理が下手なだけですぅ

生ある限り、私の挑戦は、まだまだ続くのである

・・・自分だけ台所でゴソゴソして、なんでん散らかしっぱなし・・。・・そのあげく

失敗作を、私達に食わせて・・。やめて欲しかぁ!。

(写真は多大な犠牲を強いられ、苦悩する油炒め?!。本当に美味しくなさそう・・ゴメン!。)


by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-28 08:46 | 食べ物

歴史に興味を持った 原点。潮見古墳。・・・の今。

武雄市橘町は歴史の宝庫だと言ってもよいですね。もちろん、全国各地にはもっと素晴らしいものがあるでしょうが・・・。

この橘町周辺には、潮見古墳玉島古墳おつぼ山神籠石などが点在しています。

個人的に恐縮ですが、中学生の時にここを見学してから、歴史に興味を持ちました

そう言う意味では、地域の成り立ちを教えてもらうのは、学校教育で大事なことでしょうね。

数十年前に案内していただいた方は、開業医をされていると、引率の先生から説明がありました。

おつぼ山神籠石のことを調査され、九大の鏡山教授にそれらを伝えられた方だと聞いたのですが・・・(記憶の底ですので、正確ではないかも知れませんが・・)。

確か自転車で来られていたので、今思えばお近くの方で、○○先生だったのではと思いますが・・。

おつぼ山神籠石については、鏡山教授のさらなる研究により、当時の神籠石論争に終止符を打ったとも、お聞きした記憶があります・・・。何せ中学生なので、その辺は漠然と聞いていましたが。

こういった郷里の歴史をコツコツ調査された方や、史跡を守ってこられた方達の功績も、決して忘れてはいけないと思います・・。

a0071224_8544218.jpg
潮見古墳についての案内板。消えかかっています・・。
a0071224_9124257.jpg
途中の案内も雑草に隠れて・・。
a0071224_913594.jpg
坂道の上に軒先が見えます。それが古墳内部の入り口。
a0071224_8581280.jpg
当時は、ここの中に入れたんです。内部はもっと大きく感じたけど・・・。この中に数人づつ入って、説明を受けました。教科書ではわからない古墳内部が・・。
a0071224_8595619.jpg
柵の中を覗く・・。確かに数十年前に、この潮見に来て、古墳と言うものを現実に味わった自分がいたのだ・・・。

・・しかし、今ここを訪ねる人は、どれだけいるのだろうか

いろんな地域の方達の奉仕などにより整備はされても・・・。

興味がなければ、見ても楽しい訳でもないし・・。

そうして皆に忘れられていくかと思うと、何か非常に悲しい思いがした。

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-27 09:00 | 施設

アルコール検知器。

相変わらず、飲酒事故があとをたたない。

交通安全運動期間中です。

お互いもう一度、気を引き締めていきましょう
a0071224_11152460.jpg
弊社で使用しているアルコール検知器

本当はこんなものいらないのが当然なんですが・・・。


by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-26 11:17 | 仕事?

わたしは今日まで生きてみました・・。時には一人で草刈しました・・。

お彼岸の前に、墓や自宅の草刈りが出来てなく、気になっておりました。

そこで、家族は用事があるので、結局 一人で日曜日に決行しました!。

やり終えて胸のつかえがおり、その対価として足腰がこりました。

今更 つま恋 でもないですが・・・。

わたしは今日まで生きてみました

時には誰かの 力を借りて

時には誰かに しがみついて

わたしは今日まで生きてみました

そして今 わたしは思っています

明日からも

こうして生きていくだろうと    
( 歌 吉田拓郎)
a0071224_8281033.jpg
この時期、稲は黄金色に変わり、実りの時期。

土手には彼岸花が咲く季節。 (写真は稲刈りも始まった 武雄市 武内町)


by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-25 08:28 | ささいな事

種田山頭火 武雄市 周辺を行乞す。別編。

先に、武雄温泉に立ち寄ったことを書きました

そして今回は、その前々日・・・。

昭和七年一月二十七日。多久 若松屋 泊。



・山路きて 独りごと いうていた

同年一月二十八日。福泉寺に泊まっている。

一里歩いて多久、一時間ばかり行乞、さらに一里歩いて北方、また一時間ばかり行乞、そして錦江へいそぐ・・・・・。

向かった先は福泉寺。(現在の有明町 福泉禅寺) そこの解秋和尚に歓待を受け、暫し楽しい時間を過ごしている。



遠慮なしに飲んだ、そして鼾をかいて寝た と記しています。

・父によう似た 声がでてくる 旅はかなしい

a0071224_1851034.jpg

多久から北方に抜ける時、馬神隊道(トンネル)を通った。

その隊道に対し格別な感慨をもったようだ。  (昭和初期だから、さらに以前の馬神隊道の事と思われる)

もうあの頃の人々はみんな死んでしまった。祖母も父も、叔父も叔母も・・・・・生き残っているのは、アル中の私だけだ、私はあらゆる意味において残骸だ!。



(略)歩く、歩く、死場所を探して、----首くくる枝のよいのをたづねて!・・・・・。

そんな気持ちを抱きながら、解秋和尚にお世話になったのだろう・・・。そこに亡き父を見たのかもしれない。



そして有明町に別れをつげ、ついに 武雄温泉に辿りつくことになる

(研究家ではないので、間違いがあるかもしれません。そのときはご容赦下さい。写真は、彼が気持ちよく一夜を過ごした、福泉禅寺の入り口の石段。)

   

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-23 19:17 | 観光?

どうなんだろう!?。このイメージは。橋の欄干にユーモアを見る。

現在秋の交通安全運動期間中です。そういった中に頻繁に、飲酒運転のことが報道されています。

職員の飲酒運転は、懲戒解雇処分にすることを表明されている自治体もあるようです。 (飲酒運転防止のページ)

そんな風潮もあってか、弊社の代行運転を利用されるお客様も、少し増えてきました。

飲む人だけでなく、それを勧めた同乗者、飲食店なども厳罰で臨むと、警察も注意を促しています。

本当に悲惨な事故にならないよう、お互いが注意しましょう

交通安全マップのホームページには、全国の事故危険個所なども表示されています。参考にしてください。

またもや話は飛んでしまいますが・・・・。

a0071224_8303074.jpg
川にかかる橋の欄干には、その地方の特徴をいかした作品が結構目立ちます。陶磁器の街、温泉街、観光地などにはよくありますよね。(近くの伊万里市なんか凄いですよね。)

その中でも写真の湯桶とタオルには。ウン・・?何これ!・・

まあ・・風呂でも入りませんか?・・と訴えてる訳ですよ・・この橋が・・。

だから何となく、ここは温泉地だろうと云うのはわかりますよね。しかし、なんともユニークだと思いませんか?。

この橋を作るとき、企画者や製作者が、ここの橋の欄干は温泉地だから、かくあるべきと、コンセプトを述べ、ああでもない、こうでもないと議論したでしょうよ・・(多分)。

そこで湯桶とタオルかぁ・・・おもしろいと言えばおもしろい!!。

好きだなあ・・こういうのは・・。いろいろこだわって欲しい。

ところで、これはどこにあるのでしょうか?。


by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-23 08:19 | 施設

人間みんな 大きく高いのが大好き!?。有田町 大公孫樹!。

武雄市に見えられた方は、案外大楠の存在を知らない方が多いようです。

川古の大楠は観光コースになっていたり、道路に近いので立ち寄りには便利な場所なので、お客様も多いのですが・・。



しかし、武雄の大楠塚崎の大楠は案外見過ごされます。

しかし、見られた方は一様に凄い!との言葉と感動を受けられるようです。



今回 「武雄の三樹まいり」と題して、三本の大楠を歩いて巡る企画が新聞に掲載されていました。9月23日(土)なのですぐですね。

ちょっと行けないのが残念ですが、三本の大楠はそれぞれ風情が違います。ぜひその長寿の秘訣を、直接大楠に手を当て尋ねてみてください。きっと樹の鼓動を感じ、元気をもらえると思いますよ。




ところで話は飛びます・・・。このブログは常に飛びますが・・。

磁器で有名な隣町の有田町にも、大公孫樹(おおいちょう)が聳えております。

a0071224_8362849.jpg

今は葉も緑です。このあと秋が深まるにつれて、公孫樹の葉が黄色の絨毯を敷き詰めたように見える様は、素晴らしいものです。(しかし、落ち葉を掃除する方は大変でしょうね・・・。)11月中旬以降が見頃でしょうか

この大木はまだまだ元気です。樹齢1,000年近くといわれています。

泉山弁天神社境内にあります。道路から近くですが、全体像が見えないため、つい見落とします。

写真もそうです。私の腕では全体像が撮れませんでした。
a0071224_8365322.jpg

さらに武雄市北方町には、これまた日本一のイヌマキがあります。

この武雄市周辺は、本当に日本でも有数な巨木の町と言えます。

大樹に興味ある方は、ぜひ訪れてみてください。


ああ・・・ついでにもう一丁・・。お茶の産地 嬉野にも大茶樹があります。まとめて見物して、皆さん長生きしてくれー!!。

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-22 08:36 | 観光?

武雄温泉の温泉水を使った 化粧水「ゆほほ」発売!。

武雄温泉の温泉水を詰め込んだ、スプレー式化粧水「ゆほほ」の発売が報道されました。武雄の樋渡市長自らPRです。

特に佐賀新聞は、隣町の嬉野温泉の宣伝隊発足式とともに「観光資源売り込め」との見出しで同時掲載でした。(写真の新聞がキレイでなく・・・申し訳ありません!。)

a0071224_830115.jpg
佐賀県を代表する温泉地域が、いろんな活動を行い、この佐賀県にお出で頂く事は、非常に良い事だと思います。

この化粧水 1,000円 で 市内の旅館、ホテル観光案内所、インターネットなどで販売するとのことです。

a0071224_1132112.jpg

早速、家族から買ってきてくれと頼まれました・・・。

a0071224_8524637.jpg
・・・今まさに秋・・・。

胸にしみる空のかがやき   今日も遠くながめ  涙をながす   悲しくて  悲しくて  とてもやりきれない   このやるせないモヤモヤを  だれかに告げようか    

サトウハチロー 詩

by ta-ke-58-ta-xi | 2006-09-21 08:22 | 観光?