路線バスや通勤列車の効用・・。



7・8年ぶりに 路線バス に乗りました。


以前・・ある街まで・・通勤していた時。

バスに乗り・・列車に接続し・・降りた駅から・・自転車で会社に通ってた事がありました。

その時、体感したのが・・バスの揺れと列車の揺れが違って・・慣れるのに苦労したこと。

それも慣れてくれば・・適当なゆりかごになり・・睡眠の時間になってはきましたが・・。


毎日乗っていると・・バスに乗り込む人・・列車に乗り込む人の数人を・・覚えてきます。

もちろん挨拶をする訳でもないですが・・。

乗ってこられないと・・今日はお休みなのかなあとか・・想像したり。

いえ別に女性とは限りませんので・・変な想像はしないでくださいね。


a0071224_22112037.jpg



車で通勤すれば・・ゆっくり景色を見ながらの運転は出来ませんので・・詳細な観察は無理です。


乗降するいろんな人達の服装や車内の会話に、季節の変化や、今人気ある事柄が自然に入ってきます。

暫し・・外に目をやれば・・山や川・・道路や建物の変化もみえてきます。

変わっていないようで・・やっぱり変わってるんだと思うことも多かったですね・・。


当然 失敗も多く・・・。

会社帰りに飲んで・・酔って 車内で眠ってしまい・・降りるべき駅を通過してしまって・・。

深夜 ポツンと暗い無人駅に・・一人降りて 途方にくれたり・・。


しかし そんな時間が貴重に思えて・・手軽な文庫本も読んだりしました。

周りにも本を読む方が多いから・・こちらもボーッとしたり、眠るのももったいない気がしてきます。

で。

結構 読みましたね・・・。

今までの人生で 本をゆっくり読む時間があったかといえば、病気で入院していた時くらいですからね・・。

約・・半年ほどそんな通勤を続けましたが・・・やはり・・不便で・・結局 車通勤に戻りました・・。



久しぶりに バスに乗り・・雨粒がついた窓越しに通りいく風景を眺めながら・・。

そんな過去を思い出したのです・・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-30 22:42 | 思うこと

過去から現在・・そして未来へ。貴方は、走り続けていますか。または立ち止まったり戻ったりも良しと。

a0071224_2292769.jpg


5年前・・。

10年前・・・・・・・・・。

更にさかのぼって・・20年前。


そして。

遠く 30年前 を想う・・。


・・・表現が正しいのかどうかは・・わかりませんが・・。


子供の頃は別として・・昔を懐かしいという感覚が希薄になってきたんですよね・・。

それより・・先のほうが・・。

つまり未来が気になり・・懐かしさなんて想っている暇がないような・・・。

それは・・未来への不安が強いとも言えるし・・。

まだいろんな意味で・・一段落していなくて・・現在進行形によるからなのか。


やっぱり・・そんな もやもやしている時・・。

前へ!!


という言葉は・・過去を振り切って行くイメージもあって・・多少は、元気が出ますね。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-28 22:38 | 思うこと

何が重要で・・何が重要でないか。なあぁぁ~ん ちやってね。

a0071224_21555297.jpg



物事は表面だけで動いていない。

奥深い底の底で・・静かに流れが始まっている。

でも。

ほとんど誰も気づいてない・・。

が・・ある時・・。

その底の動きに何らかの影響で、急激な加速がつき・・・中部や上部に影響を及ぼすようになって来る。

それは実は中部や上部の問題と本当は関連している・・・のだが・・。

でも その時はわからず、随分たった後で・・関連があった事がわかってくる。


その段階では・・何となく・・おかしいと 一部の人が感じ出す程度。

しかしその後は・・もう誰も止められないまでになって来る。


そうなった時は・・中部も上部も・・明らかに混乱が始まり・・我先にと動き出す。

白い波がたち・・表面は・・大混乱。

ただ・・その頃には・・底の底は・・完全に様変わりしている・・・。

でも それがどんなものかは・・更に月日が経たないと全容が見えてこない・・・・。


それが時代という冷酷なものなのかも知れない。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-26 22:32 | ささいな事

八重の桜・・中野竹子・・西郷千恵子・・・会津の心。

a0071224_22264521.jpg



なよ竹の 風にまかする身ながらも たわまぬ節の  ありとこそきけ


西郷千重子


もののふの 猛き心にくらぶれば  数にも入らぬ 我が身ながらも。


中野竹子


有名な辞世の句ですね。


白虎隊と共に・・彼女らの悲劇が・・描かれるのでしょうか・・・大河ドラマ 八重の桜。


それぞれが・・重い人生。


ただ・・八重が亡くなった弟の服を着て・・戦いのために・・銃を持つ姿・・。


このドラマ、初めて主役として登場した感じで・・・凛とした美しさでしたね。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-25 22:37 | 歴史?

宴のあと・・。

a0071224_2226219.jpg



宵闇せまれば・・・悩みは・・はてなし。


みだるる心に・・・。

a0071224_22294288.jpg



うつるは・・誰が影・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-16 22:27 | 食べ物

サッカーの得点。



今日の試合 J2 ギラヴァンツ北九州とロアッソ熊本の試合・・。

7-0 で北九州の勝利。

同じ九州勢バトル。

サガン鳥栖も浦和戦では・・2-6 と言う大差で敗北。

その時の悔しさとは、ロアッソサポの皆さんからすれば・・比べ物にはならないかも知れない。

通常 4点以上は そうそう入らないのだから・・。

7点とは。

言葉を失う。

北九州サポの皆さんには・・・笑いの止まらない試合でしょうが・・。

ワタクシの気持ちとしては・・敗者のほうが・・気になります。

そして・・快進撃の長崎は・・東京を 2-1で破る快挙。

アビスパは・・1-1のドロー。

九州勢に関しては、なんとも・・簡単には言いにくいほどの・・試合結果。

にしても。

サガンの試合が始まるのを・・他所を見つつ待ち望むのも・・辛いなぁ。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-15 22:15 | 思うこと

時代は変わっていく。




現代は。

幼い頃に・・想像したこともないような状況になっている。

2年先・・5年先・・・10年先・・15年・・・そして・・20年・・・30年・・更に・・・。

私たちは・・一体 どこまで・・想像できるのでしょうか。


どうも。。。。今の延長ではなく。

ある時から・・ゴロっと・・まったく状況も考え方も・・全てに変わってしまう感じ・・。

それは・・宇宙戦艦大和のワープみたいなものなのか・・。

いや・・少し違うか・・。


なんて・・どうでも良いけど。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-13 22:54 | 昔話

猫の額ほどの庭に咲く花・・。

a0071224_2241428.jpg


2013年 6月12日・・・今日は、なんて暑さだ。

しかも蒸し暑い。

黙っていても汗がでる。

自宅でも 扇風機を出して・・クーラーをついに入れたぞ・・。

a0071224_2252912.jpg


ところで。

花の名前は・・ワタクシよく知らない・・。

誰かが自宅の庭に植えたであろう・・・なんか凄い色合いの花。

なんにしても・・アタシャ 撮るだけ。

a0071224_226961.jpg


夜も不快指数が高そう。

寝苦しい夜は・・羊が1匹・・羊が2匹と数えるか・・。

352,521匹・・くらいまでは・・行きそうだぞぉ。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-12 22:22 | ささいな事

ライオンズ農園・・・。



レタス・・取れたてを頂き・・食卓へ。

匂いも味も濃厚。

a0071224_2257456.jpg



これぞ・・レタス!!。


で・・。

農園には・・ナスも植えてもらってますが・・。

少々枯れ気味も・・チラホラ。

a0071224_22582316.jpg


スイカ・・・カボチャも・・植えて。

楽しみもありましょうが・・。

会員みんなで管理しないとね。


a0071224_2259427.jpg


にしても。

匂い強烈なレタスでしたぁ。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-10 23:06 | ささいな事

言葉。自問自答と反省。




人に話す言葉と言うのは・・本当に難しい。

自分の気持ちを正確に伝えられたかと言うと・・。

それを確認し判断するのは、実は受け取る側のほうにあるんですよね。

発した言葉に間違いがなくても・・。

相手は・・発した人の微妙な雰囲気を感じ取って・・あるいは先入観によったりして・・。

非常にある言葉だけに反応し、まったく想像もしない受け取り方をさせることだってありうる。


その人を傷つける言葉とは思わず・・。

発する側は・・何気ない上から目線や配慮が足りない言葉で語る・・・・。

受け取った側は・・その傷ついた言葉に反論したり・・不快感を態度にださなければ・・。

恐らく発する側は・・・そんな相手の気持ちに永遠に気づかない。


悪気がなくても・・言葉は相手の気持ちに遠慮会釈もなしに・・突き刺さる。

発する側が悪い訳でもない・・・・相手の気持ちを推し量ってということ自体が・・むつかしいのだ。

人の気持ちなんて・・・そうそう簡単にわかるはずがないではないか。



今日も・・たくさんの人に会った・・・そこで交わした言葉に・・自分として・・・ある不安があったから・・。

ここにこうやって・・記しているのです・・・。

誰にという話ではない・・漠然とした・・自分の言動に・・・自身として考え・・不快感を覚えたのです・・。

今日お会いした、たくさんの人の中に、不快感を感じた人がいたかは・・これは・・わからない・・。



ただ・・・万一、ワタクシにそれを感じられたとしたら・・・・お詫びが必要かと。

・・・申し訳ありませんでした・・。

と言うしかないけど・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2013-06-09 23:00 | 思うこと