鍋島藩と大村藩・・俵坂関所跡・・。明治維新への道・・。

長崎街道・・現在の佐賀県嬉野市と長崎県東彼杵町の間に・・・俵坂関所跡があります。

当然・・長崎から・・欧米の情報は、京大坂、江戸へと、もたらされました。

長崎に行ったことがある歴史的有名人は、みんなここを通っています。
a0071224_8334721.jpg
(国道34号線・沿いにあります。)

そう言う意味で、長崎奉行や長崎警備は重要であり、かつこの長崎街道は佐賀県にとっても重要な・・文明・文化の道でもあったと思われます・・。
a0071224_834734.jpg
街道を通った当時の人々は、武雄温泉や嬉野温泉で、旅の疲れをとるのが・・・さぞや楽しみのひとつではなかったかと思います・・。

今も昔も・・疲れは温泉でとるのが一番!!。

現在はこの県境の峠・・車でスイスイと行けますが、当時の街道は、山あり谷あり・・・大変な難所と想像されます。

文明、文化の窓口・・長崎への往来として、その存在意義があった・・俵坂関所跡・・。

自動車、鉄道、飛行機・・・に変りゆく中で、結局忘れられていく運命なんでしょうね・・。

by ta-ke-58-ta-xi | 2007-01-31 08:46 | 歴史?