加藤清正と武雄市の関係・・。

それにしても・・・。
夏でしょうから・・・当然 い日が続きます。

そんな時・・・このブログは 一服の清涼剤 などと言うコンセプトはありませんので・・・更に むさ苦しくなるかもです。

a0071224_7381591.jpg
武雄市 東川登町・・・バス停 寺の下・・。

文字通り・・そこにあります。

浄泰寺・・・。

ここは 車で 通る時 気になっておりました。特に 秋には銀杏の木の 黄色い葉 が・・あたり一面絨毯のようで・・・それはきれいですから・・。

でも・・・昨年は台風の影響で木々が折れたりして・・・その素晴らしさが 今ひとつでした 本当に残念でした。
a0071224_7383154.jpg


門・・・。

地名や名前が彫られており、さてその方達の子孫は・・・今 どこにと・・つい思いをはせます。

a0071224_7385095.jpg


裏山にお墓かがあります。

第二十代領主 後藤家信 のお墓らしい。近くには 五輪塔も・・。

本墓は 円応寺にありますので・・・分骨されたのでしょうか。


彼は 文禄・慶長の役で・・加藤清正を救援 したりしているようです。

そのことで 二人は親交を深めたとのこと。

そして その後も このお寺で療養する 家信を 数回 密かに訪れていたらしい。

浄泰寺 近くには 羽根木神社もあります。



そのほか 加藤清正との関係をうかがわせる お寺が

武雄市には

隆信寺   清正寺 なども あります。

・・・今度 ゆっくり 訪ねてみたいと思います。

全然 イメージは違いますが・・・こうやって 暑いさなかに 武将達の墓を探していけば



夏草や つわものどもの 夢のあと・・・・。

そんな気にもなりますね。

by ta-ke-58-ta-xi | 2007-08-09 07:57 | 歴史?