滝口康彦著 葉隠無残 -血染川- の舞台となった 嬉野市塩田町 久間

武雄市 から 嬉野市 へ入れば塩田町に 久間(くま) という 地があります。

その高台に 「たっちゅうさん」 と呼ばれている 供養塔があります。
a0071224_754473.jpg

戦国時代が終焉をむかえようとしていた時代・・・・その悲劇は起こりました。

鍋島 茂治 ・・彼は 龍造寺隆信の時代から・・その中枢を担う有力家臣 鍋島家の中でも・・その一族として戦い、そしてこの地を治める城主でもありました。

実力者 鍋島 直茂 とは いとこの関係になるのです。
a0071224_755616.jpg

この話は・・文禄・慶長の役に端を発します。

加藤清正 の傘下として・・肥前国で 龍造寺隆信亡き後、その後継者として益々 力をつけてきた鍋島直茂・勝茂 親子らと共に・・・茂治は渡韓します。

鍋島軍は 蔚山城の攻防戦にて、絶体絶命の 清正 の窮地を救う事がありました。

鍋島軍の中でも、茂治は相当な感謝を受けます。

同じく 鍋島家の一翼として・・武雄 後藤家領主 後藤家信(龍造寺隆信の三男)も 鍋島家の武将として出陣しています。

その功績により・・家信と清正とは、その後交流を深め 秘かに加藤清正が武雄を訪ねて来る 事もあったようです。
a0071224_755297.jpg

茂治については、加藤家より・・・よければ娘さんを、お興しいれ出来ないかと・・申し入れがあったようです。

茂治の娘に白羽の矢がたったことが・・・のちの悲劇になっていったのです。

ただ戦での口約束みたいなところも、本当はあったかもしれません・・。


戦国の世として・・激動の状況が、更にその後も続き・・・なかなかその約束は果たされないままでした。

しかし・・秀吉も亡くなり 時代は 代わっていきます。

もうそんな話を忘れた頃・・・ある日 肥後 加藤家より  突然 使者が茂治のところへ・・・見えたのです。

婚姻の申し出だったのです。
a0071224_7555453.jpg

当時は一方の加藤清正も亡くなり・・鍋島家も実力者 直茂から・・藩主 勝茂の時代になっていて・・・一族の鍋島茂治と言えども、家臣並の扱いを受けるようになっていたようです。

そしてついに・・・娘さんが 肥後へ・・・駆け落ちと言ってよいのかは・・・わかりませんが。

鍋島家が他国との婚姻を、停止していたのにも関わらず・・。


しかし秘密にしていたのが、顕在化したため・・茂治は 佐嘉藩 藩主 鍋島勝茂に許しを請わねばならなくなります。

いとこでもあり・・少し 甘く見ていたのかもしれません。

勝茂は許さず・・おって処置を待つだけになります。

愈々 茂治は窮地に立ちます。
a0071224_7564114.jpg

結局。

佐嘉藩として加藤家への対処になります。

肥後へ 娘さんの連れ戻しの使者にたったのが・・・ 治水の神様 と後世呼ばれた・・鍋島藩きっての武将 成富兵庫 だったようです・・・・・。

加藤家との問題をうまく収める者としては・・かつて渡韓した事もあり・・力量として 成富兵庫しかいないとの・・意向があったのでしょうか。


・・・・その後の結果は。

娘さんは 交渉により連れ戻され 預かり所にて 事の重大さを思い・・自害!!007.gif

また茂治は・・・。

ついに館へ、藩からの使者がきます。

ちょうど 息子・・ 織部と囲碁 をうっており、その決着がつくまで・・暫し待つようにと使者に言います。

静かに碁を打ち終わり・・・一大事と駆けつけた 十数名の家臣 とともに・・・切腹 斬首になったのです。

かつてない・・家臣の殉死数でもあります。

そして・・斬役を引き受けたのが・・息子 織部と言われています。

織部も・・あとを追います・・・・・・・・・。


・・以上がその供養塔へ至ることのようです。


a0071224_19502394.jpg


・・・そして・・。



・なぜ たっちゅうさん と呼ばれているのか。

・茂治が居住していた 館は 本当はどこにあったのか。

・そして切腹はどこで行われたのか・・・。

・また茂治の墓はどこにあるのか。


上記の疑問については・・はっきりとはわからないようです。


この供養塔は 三十三回忌に建てられたと・・案内には書かれています。


昭和38年10月

茂治公 350年忌 が 地元の人や関係者を集め・・この地で行われたとのこと。



滝口康彦 は 映画にもなった切腹を はじめ 武士の不条理さを描いたら・・本当に第一人者です。

なお 上記の内容については・・小説からの推移などもあり・・確実な 史実に基づくものではないことをご了承ください・・。040.gif

また この史跡については・・ ふるさと佐賀探訪 さんのブログで知り・・訪ねてみたものです。

いろんな佐賀の歴史が参考になります。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

by ta-ke-58-ta-xi | 2008-07-20 09:22 | 歴史?