中浦ジュリアン・・・天正遣欧少年使節団。西海市の記念公園。

宗教には詳しくないうえ・・この天正遣欧少年使節団についても同じく・・・ほんの少ししか知りません(汗)。

西海市を訪ねたおり・・中浦ジュリアンの史跡があることを知り・・・立ち寄ったのですが・・。
a0071224_2254576.jpg

彼らの生きた時代は、織田・豊臣の戦国時代から・・・徳川幕府が成立する頃にあたります。

このため苦難と歓迎を経て・・やっと帰国したら・・・大きく変わってしまった日本に・・・彼らは翻弄される運命を辿ります。
a0071224_22552883.jpg

有馬氏大村氏、大友氏といったキリシタン大名の関係者でもあった・・少年達。

当時の平戸から島原半島や大村湾周辺・・そして佐賀の一部は・・・南蛮貿易とキリスト教の信仰の中心地でもあったのです。
a0071224_22554757.jpg

銅像が指差す彼方には・・マカオ・・ローマへの道として・・世界への海が広がっています。
a0071224_22561621.jpg

小さな記念館の中には、彼らの歴史が壁に描かれています。
a0071224_22573110.jpg

少年達の見て学んできた世界は 現代では それを活かす社会もありますが・・・当時はそんな時代でなかったのが・・本当に不幸でした。

あの当時のヨーロッパ!!!!!!!。

おお!! ・・・ローマ イタリア ルネサンス !!よ・・・。
a0071224_2258027.jpg

今回 この使節団の簡単な事歴を改めて調べた時・・。

使節団の動向にも興味が出てきたのですが・・。

それ以上に。

その中に登場する人物とその後の事件にも興味が注がれてきました006.gif
a0071224_22582997.jpg

例えば 有馬晴信。

岡本大八事件028.gif

そこに登場する・・・・家康の側近・・本多正信・正純 親子。
a0071224_2259349.jpg

更に 大久保長安・・。

彼らは歴史小説の登場人物としても・・・名うての人物ですよね。

少年使節団の影に当時の状況と・・・その後の幕藩体制が垣間見えます。

当然 武雄領も無関係ではなかったはずです。
a0071224_2321541.jpg

・・・・なんて・・・何が主題なのかは、不明のまま・・・不謹慎な歴史的興味に繋がってしまったのです。

ところで肥前国は・・今は 相当な田舎みたいに思われていますが・・世界から影響を受ける・・日本の窓口だと言うことが・・ようくわかります。




中浦ジュリアンについて ブログ検索をしていたら・・・ 思わぬブログ に飛んでいきました!!。

その中に なななんと・・中浦ジュリアンのご子孫の方や・・関係者の人たちが 実はイタリアを訪問されている記事にぶつかったのです005.gif

あの少年達が訪問した地を・・こちらのブログで確認してください。

イタリア 絵に描ける珠玉の町・村  さんのブログ。

・・・写真が素晴らしい!!。


長崎県 西海市・・。


関連記事ツアーなど


にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

by ta-ke-58-ta-xi | 2008-10-27 23:39 | 歴史?