予測するということ・・知るということ・・対策を打つということ・・。

時代の変化は・・思った通りには行かない。


例えば・・22年度の売れ筋商品や人気商品を挙げろと言われて。


すぐに言える人って 一般人にどれだけいるのだろうか。


現在進行形の21年度の同じ質問でも・・同じ。


また 20年度の過去のことを知って・・今年度を予測できるかと言えば。


少なくともワタクシ・・うつむきますね。



正直 よく・・・・・・わからない。



自分のこととか・・会社のこととか・・そりゃ・・ある程度は予測できます・・。


しかしそれは・・当事者として・・途中の変化を見ることができるからであって。


まったく関係ないことであれば・・無責任な憶測は出来ても・・・・。



正確な予測というのは・・なかなか難しいと思いますね。





知人が胃がんと宣告され・・連休明け 手術をします。


彼はかなり健康にも自信があって・・体力作りもそれなりにやっていたようです。



しかし・・。


違和感があっても・・結局 病院に積極的に行くことはなかった・・。



もちろん行けない事情も確かにあった・・。



しかし・・場合によっては、体と引き換えにするほどの内容ではなかったはず・・。



心配になり・・高速を4時間かけて・・見舞いに行った。



あれほど・・ワタクシに論争やら注意をしていた知人が・・ポツンと・・・。


そんな彼に格別な言葉をかけられない・・ではないか。






メールアドレスを教えてくれと言うので・・。



そんな携帯の登録のやり方や病状説明だけで・・時間が過ぎた。



1時間もいなかった・・。



夜 帰宅したら・・「本当にありがとう」 という短い文面がひとつ送信されてきた・・。



そして・・また2回目・・「くれぐれも ありがとう」 と。



文がおかしいだろうと・・思ったけど・・。




明日の天候が・・武雄市周辺で雪が降るとか・・大雨に見舞われるとかは・・。



ほとんどないだろうと言うのは・・多少は誰でも予測できる・・・。





それにしてもだ・・・。



自分の体の不調を・・知ってたはずなのに・・精密検査を躊躇した・・・。



知るということ・・・予測するということ・・。



よしんば・・・知っていてもだ・・・。



人間という生き物は・・なかなか予測通りに動いてくれないものだと・・。




それを・・・知る。




快晴の連休・・・初日。




楽しめず・・不安いっぱいの彼が・・・ひとりいる・・・。



ワタクシは希望を捨てていない。

by ta-ke-58-ta-xi | 2009-04-29 11:20 | 思うこと